月の庭

読書の記録と進捗メモ

灰色の動機

ある日のこと、本好きの旦那さんが亡くなったので、大量の本を整理したいのだけど、いるものがあったらもらってくれないか? と知り合いの奥様に声をかけていただきました。もちろん、見せていただきましたよ。

新書もあれば、昔話、神話、童話、時代物……とにかく様々な本を読む方だったのだなあ! と、感心しました。大きな蔵の中に本がズラリ!

小説の中ではとりわけミステリーがお好きだったようです。

有栖川有栖さんの「火村英生」シリーズやら、服部真澄さんの「佛々堂先生」なども、このとき頂いてきて、読みました。

全部頂いてくるには、我が家はとてもとても手狭だったため、手元にあったら読みそうだと思ったものだけ厳選して頂いてきました。

 

鮎川哲也さんの本は、何故か一冊だけ紛れ込んでいたという感じです。

鮎川哲也賞という推理小説の公募もあるくらい、ミステリーの世界では大きな存在なのでしょうが、実は初鮎川さんでした。

 

今回読んだ「灰色の動機」は鮎川さんの短編を集めた文庫本でしたので、初心者にも手に取りやすいものでした。

 

灰色の動機―ベストミステリー短編集 (光文社文庫)

灰色の動機―ベストミステリー短編集 (光文社文庫)

 

 

 まあ、本当に色んなテイストの短編が入っていました。

面白かったのはそうですね、一作目の「人買い伊平次」それから本のタイトルにもなっている「灰色の動機」です。

伊平次のほうは、作品の雰囲気が好きでした。シンガポールに滞在していた一人の若者が筆者の友人に宛てて書いた手紙によってお話が進んでいきます。

なかなか難しいですよ、この設定! これで推理小説なんですから。ちゃんと殺人事件がおきて、解決するんですからね。

それから灰色の動機は、トリックというか、二転三転していくストーリーが圧巻でした。読みながら「どこまで転がっていくのーーー?」と思いましたとも。

転がって転がって、その先で衝撃のラストです。どうぞ、手にとって楽しんでください。

 

それぞれの作品は、1940から1960年代くらいに書かれたものですから、どうしても古さを感じてしまうお話もありました。

「死に急ぐ者」などがそうでしょうか。

警察の別件逮捕での横暴ぶりとか、今だったらありえないよね? と思ってしまいます。それはそれで、その時代の小説なのだと思えばいいわけなのでしょうけどね。

 

ちょっとめずらしいSF風味のお話も一つ入っていました。

星新一さんのSSのような雰囲気でした。

 

いつか機会があったら、鮎川さんの長編小説も読んでみたいなと、思わせてくれる一冊でした。

南総里見八犬伝(一)(二)

 講談社青い鳥文庫南総里見八犬伝」のご紹介です。

こちら、全3巻なんですけど、近くの図書室に二巻までしか入っていませんでした。

なので今日は二巻までのご紹介です。

 

八犬伝初心者が手に取るにはちょうどよい分量ではないでしょうか。

子ども向けではありますが、まだ八犬伝を知らない大人もこのあたりから入ったほうが挫折せずに世界に入っていけると思います。

二巻まで読むと、八犬士が一通り登場しますよ。

表紙や挿絵が漫画チックなので、持ち歩くときはカバーを用意するといいかも。

ほぼ原作に忠実なようですけれど、オリジナルな部分もあるようです。

 

 

 

 

 子ども向けの本ですと、角川のつばさ文庫からも「南総里見八犬伝」が出ております。

 

 こちらはなんとあの長い「八犬伝」を、一冊にぎゅぎゅっと圧縮したものです。

けれど、けっしてあらすじだけになってはいません。文体もテンポよく、面白いと感じました。児童書、侮れませんよ。

本当の八犬伝初心者という方には、これが一番わかりやすいかもしれません。

 

 

そういわれても、児童書じゃいやだ。漫画みたいな挿絵も嫌だ!

という方にはこれ。

 

南総里見八犬伝 結城合戦始末

南総里見八犬伝 結城合戦始末

 

 表紙イラストもこれくらいなら電車の中で通勤時に読んでいても恥ずかしくないかと思います。

青い鳥文庫とつばさ文庫では、最初から犬塚信乃が主人公として登場してきますが、こちらの方はきちんと八犬士が誕生することになった経緯、「阿波の国の動乱」のお話から始まります。

ただ、ここからお話が始まっちゃうと、どうしても主人公である八犬士が一巻後半まで出てこないので、そこで脱落しそうになります。

「ちょっと、八犬伝って、八犬士が出てきて活躍する話じゃないの???」となるのですね。まあ、そう言う方は前半飛ばし読みでもいいんじゃないかな?

気になったら後から戻って読んでもいいわけですし。

ただ、こちらはまだ二巻までしか出ていないようで、完結していません。

一巻までだと、あの有名な芳流閣での戦いが始まる! というところまでで、八犬士も八名中まだ三人しか登場していないません。

原作に忠実なようですので、きちんと八犬伝を知りたいという方にはおすすめです。

私は一巻しか読んでないので、二巻目も読み終えたら、また紹介するかもしれません。

 

そしておまけです。

 

里見八犬伝  ブルーレイ [Blu-ray]

里見八犬伝 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

私の八犬伝との出会いは、実はこれでした。(笑)

薬師丸ひろ子ちゃん主演の映画です。

原作とはかなりかけ離れたところから入ってしまった感が拭えません。

しかし、これはこれで深く心に残る作品でした。

 

ほかにも八犬伝をモチーフにした作品は数多くあります。

私は桜庭一樹さんの「伏 贋作里見八犬伝」が好きです。

 

原作を読んでいれば、そういった作品も、より楽しめるのではないかと思います。

夏休みに、読んでみてはいかがでしょうか?