月の庭

読書の記録と進捗メモ

「水滸伝 」痛快世界の冒険文学 (11)

 

水滸伝 痛快世界の冒険文学 (11)

水滸伝 痛快世界の冒険文学 (11)

 

あまりにも有名な水滸伝ですが、知っている、読んだことがある、という方は少ないかもしれません。 

長いし、登場人物は多いし、結構グロいし……。

それに、いろいろな本が出ているから、どこから手を付けたら良いのか迷いますよね。

そこで、原作とはちょっと違う部分もありますが、子ども向けのこんな本からなら、わりとすんなり水滸伝の世界に入っていくことができるのではないかと思います。

この一冊に水滸伝のエッセンスがギュッと詰まっています。

大切なエピソードは残しつつ(バッサリいっている部分も多いですが)、とりあえず最初から最後まで、どんなお話なのか知ることが出来ます。

なにしろ、単なるあらすじにならずに、面白く読むことが出来ます。

私は図書館で借りました。

どちらかというと、原作に忠実な内容になってますよ。

北方謙三さんの水滸伝は、面白そうですが(すいません私は未読です)原作とは違うようですね。

それに、長いので……いきなりここからだと挫折しないか心配?